脱毛器ケノンの効果は?【ケノン永久脱毛は可能か?】



ケノン永久脱毛は可能か?


家庭用脱毛器を購入したい、と思う方の疑問として「永久脱毛は出来るの?」というものがあると思います。

「エステ脱毛と同じような効果がある」
とまで、口コミなどで言われるようになった家庭用脱毛器ですが、永久脱毛は可能なんでしょうか?

その前に、永久脱毛について少し触れたいのですが、まず「永久脱毛」というものはエステでも脱毛サロンでも行っていません。
なぜなら、永久脱毛というものは医療行為になるからです。
つまり、病院・クリニックでしか施術を受けられない、ということになります。

ということで、結論としては
「家庭用脱毛器でもエステでも永久脱毛は不可能」
となってしまうのですが、永久脱毛に近い効果ならば、家庭用脱毛器でも期待はできます。

家庭用脱毛器で主流の「フラッシュ脱毛」はムダ毛に光を当て、毛穴の奥の毛乳頭にダメージを与えることでムダ毛の脱毛・抑制を行います。

ですので、正しい方法で長期間処理を続ければ、毛乳頭にダメージを蓄積させ破壊することも理論上可能になってきます。

米国電気脱毛教会の永久脱毛の定義は
「脱毛が終了して一か月後の時点での毛の再生率が20%以下である場合」
ということですので、処理のやり方次第では近い効果を得るのは可能かもしれません。

しかし、そのためには高性能の家庭用脱毛器を使用し、適切な方法で正しい脱毛を長期間行う必要があります。

この条件に今一番近い家庭用脱毛器は「ケノン」でしょう。

ケノンは業務用機器に近い出力を誇りながら低ランニングコスト。

また肌への優しさやユーザーサポートの充実といった面で、長い期間使い続けることができるフラッシュ脱毛器です。

自宅で永久脱毛に近い効果を得たいなら、ケノンでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



脱毛の部分ってどこ?

夏と言えば脱毛に気をかける時期ですが、みなさんはどの部分を気にかけていますか?

一重に脱毛って言っても腕やら足やらいろんな部分がありますよね。
具体的にどこをどこまでやればいいの?ってなると悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。
なので、ここでは参考までに一般的にみなさんが脱毛している部位を紹介したいと思います。
まず初めに、よく見える腕や足の部分の脱毛についてですが、個人的に脱毛は他人から見える範囲。または自分がコンプレックスに感じる部分を処理して見えない部分などにはそこまで気を使わなくてもいいのではないか・・・と思っています。

意外と全身のいたるところにムダ毛は生えていますので、こちらを全部処理しようと考えるとかなりの時間と手間がかかってしまいます。

腕はや脇などは夏場は結構露出する部分ですのでちょっと頑張って全部綺麗にして、足などは、スカートで隠れたりする部分はそこまで気をかけず、その他を処理すれば良いかと思います。
温泉やプールに行く時の前日などにだけ、気になるお腹の毛やビキニラインの処理をするのも一つ手段です。

浴衣を着る際にはうなじの後ろを剃ってみたり、月に一度顔の産毛処理をするなど。
その時の用途に合わせて、自分が必要だと思う部位を処理するのが一番良いと思います。
このムダ毛と思う体毛は本来身を守るためにあるものなので、処理に多少なり肌に負担を与えてしまう脱毛の部位は、出来るだけ部分が少ないと良いですね。

今年の夏こそネット証券手数料比較をしてお金を少し増やしてから、脱毛もしてスッキリしたいと考えています

酵素ダイエットと運動

食事でダイエットをしているときにも運動は並行することはお勧めです。
酵素ダイエットをしている方は、運動をし始めるようになってからというもの体重とは別ですが体が軽くなったように感じるという体験談があります。

酵素ダイエットは比較的短期間で効果を得ることができるダイエットとして知られていますし、短期間だからこそ取り組めるものとしても人気を集めています。
それでも酵素だけに頼るよりも運動をすることで代謝を上げていく方法が健康的であることは確かなことでしょう。

運動の効果は脂肪燃焼だけではなく「汗」があります。
実はこの汗は代謝が上手くできているかどうかの目安にもなることをご存知でしょうか。
普段運動をしない人であれば体が燃焼するまでに時間がかかります。
汗も普段出しなれていないのでべたつきがちな汗になります。
反対に運動をしている人であれば体は汗の出し方を知っているためサラサラとした汗になり、脂肪が燃焼するまでにもそれほどの時間がかかりません。

よく脂肪燃焼には20分かかると言われていますが、これはあくまでも普段運動をしている人が、ということです。
運動不足の場合には脂肪が燃焼し始めるまでに倍の時間は見ておきましょう。
汗が出たからといって燃焼ができているわけではありません。
食事でダイエットをしているときでも、代謝を上げ脂肪の燃焼がしやすい体にするために運動は並行して行っていきましょう。
さわやかな汗をかくようになれば運動は身についてきています。